ニンニク点滴(ららぽーと横浜クリニック式)

0
    11月からニンニク点滴を始めました。
    当院のニンニク点滴は成分を工夫することで、点滴中から即、疲労回復効果を実感できるという魔法のような?特濃タイプのものです!






    さて、この「ニンニク点滴」、名前を聞いたことはあっても詳しくは知らないという方が多いのではないでしょうか。そこで、初めての方にもとっつきやすいように、先日当院で初めてニンニク点滴を体験された方に頼んで、感想文を書いていただきました。
    (以下、はじまり)
    私はこの度、「にんにく点滴」を受けました(ちなみに点滴自体が人生初体験でした)。受けるに至った理由は単純に面白そうだったからです。ただ、「比較的安い(1800円)」というのも魅力的な要素の一つです。
    今回私はベッドに横になって点滴を受けました。時刻は18時過ぎ。一日の仕事をほぼ終えて、それなりに疲弊をした状態での点滴です。始まって1分もしないうちに、噂の「にんにくスメル」……もとい「にんにくフレイヴァー」が漂い始めました。厳密に言うと「極めてにんにくに似ているけれども、確かに違うもの」という感じがします。食事とは異なるため、自分の口や胃の方から臭ってくるというわけではありません。しかしながら、どこか呼気に紛れてくるかのような不思議な感覚なのです。
    横になっていたせいもあってか、特に足の方に血液が流れていくような感じが意識され、ほのかに温かさを覚えました。当初はそのまま寝てしまおうかと考えていましたが、いつの間にやら眠気は霧散し、もはや眠ろうという気持ちが無くなっていました。これはコーヒーを飲んだ後の感覚ともまた異なるものでした。
    所要時間についてはある程度調整も可能なようで、「早めに」とお願いしていたこともあり、私の場合は10分もしないうちに終わりました。ふと、それまでに感じていた匂いがしなくなったことで、終わったことに気付いたのです。
    今日は立ち仕事が中心であったため、私は主に下半身に疲労を覚えていましたが、現在、そうした疲労感は消えているように思います。血行が良くなったのか、全体的にぽかぽかと熱を帯びています。先ほどまでのにんにくの香りも、今は自分でも殆ど感じられず、他の人からは「全く分からない」とのことでした。
    というわけで、初めてのにんにく点滴でしたが、期待していた通りになかなか珍しい体験になったと思います。

    (以上、終了)

    ・・・いかがでしょうか。
    私としては、感想を書いてくださった方の文章の上手さにも驚きましたが、ニンニク点滴の効果もかなり実感されようですね。
    申し込み方はかんたんです。当院の診療時間内に受付で「ニンニク点滴希望です」と言うだけです。
    現在、このにんにく点滴はスタッフにも大人気です。
     

    なぜ土日診療しているクリニックが少ないか:その1

    0
      ららぽーと横浜クリニックは土日祝オープンのクリニックです。
      これってとても珍しいですよね。
      ・・・では、どうして医療界では病院が24時間・365日フルオープンにならないのか。せめてもの土日オープンでさえも、なぜ行われないのか。今日は医療界に身を置くの立場から考察してみます。

      では、始まり、始まり。
      以前、私が勤務医をしていた頃は、外科医たる者は毎日、週7日、朝6時から夜中0時まで普通に病院内で働いているのが普通でした(もちろん労働基準法違反なのですが、それはさておき)。その頃、私は思いました。銀行もデパートも市役所もケーキ屋も、全部夜20時くらいから夜中の2時くらいまでオープンしてくれていたほうが(その他の時間は全部クローズで良いから)よっぽど生活しやすいのに、と。極端な言い方をすれば、銀行や市役所やデパートがオープンしているのを医者になってからは見たことがない!と思ったものです。

      ・・・そうです。多忙なサラリーマンにとっては、平日9−17時にしかオープンしていないサービスは、厳しい言い方をすればこの世の中にないのとほぼ同じなのです。土日オープンや夜中オープンする事業をほぼ禁止する法案が(外国のように)あれば話は別ですが、私は日本はいつの日か、総コンビニ化するのは間違いないと、当時は思いました。ところが、現実は現在まで社会は総コンビニ化されていません。医療界でも、医療というサービスの性質上、土日や夜間も救急患者を受け入れる病院は数多くありますが、処方は1日分のみというのが普通です。
      なぜ、土日診療できないのか?私も自分が開業医になってやっと分かりました。

      ,泙此医療機器のサポート業者が土日休み
      電子カルテ、レントゲン、内視鏡をはじめ、電子医療機器それぞれの業者が土日お休みです(一般の会社ですから当然ですね)。ということは、土日診療中に医療機器の故障が起きたら、診療業務がマヒしてしまいます。
      予備の医療機器をストックしておく病院などありません(経済面でも空間的にも余裕はありません)
      そういえば、当院も2007年の開業時は医療機器が不安定でした・・・一日で故障ゼロならその日は大合格!みたいな。

      土日診療は女性スタッフを集めにくい&離職率が高くなる
      医療界のスタッフ(看護師・医療事務員)は、ほとんどが女性です。仕事の内容から考えて、女性の方が適役な場面が多いからでしょう。偏見かもしれませんが、女性は男性と比較して土日祝日や時間外の仕事を嫌う傾向にあります。給与が多少高いとしても、火中の栗を拾おうとする傾向が女性は低いのでしょう。
      もとより、一般的に医療界の女性スタッフの離職率は驚くほど高く、専門業者に聞いたところ、大体2年で看護師・医療事務が全て入れ替わるのが普通だと言います。
      土日診療は女性スタッフメンバーが固定されず、その結果、不安定な業務オペレーションに陥りやすいのです。

      さあ、ヒートアップしてきました。
      まだまだ続きますが、次回以降に。

       

      院内BGMの音量調節は難しい

      0

        クリニックが移転して2か月以上が経ちました。
        新しい場所にスタッフも慣れて、診療も落ち着いてきましたが、まだ思うようにうまくいっていないのが、院内BGMの音量調節です。

        以前のクリニックでは、CDチェンジャーで流していました(古い!?)。
        すると、CDごとに収録音量が異なるので、いきなり大きな音で鳴り始めることがあるのです。そして、誰も音量を直さない・・・・という事態が何度も続いていました。


        そこで、今回のクリニック移転に伴って、有線放送(USEN)を導入したのです。
        有線放送なら、ずっと流し続けても音楽が入れ替わり、音量調節は不要です。
        選べるチャンネルは100以上!! なんでもかけ放題です!!
        http://www.usen.com/biz_music/find.html


        当院では、多くのチャンネルの中から、医療機関用として妥当なチャンネルを選び、曜日ごとにチャンネルを変えることにしました。


        ・・・・そして移転後、数日が経ちました。
        なんと! 今度はチャンネルごとに適切な音量が異なるではありませんか!つまり、曜日ごとにチャンネルを変えていくと、曜日ごとに適切な音量が異なるのです。
        ある日は、大音量。あくる日はほぼ聞こえない・・・うまくいかんですなぁ。


        対策として、チャンネルごとに適切な音量を書き出しておいて、それを早出勤するスタッフに徹底するという方法は、運用面で不可能でした。
        (多くの人間が関わるルールは、十分簡単で全員に徹底できることが必要なのです)

        今後の対策はいかに・・・検討中です。


        胃癌は内視鏡で予防できるか!?

        0

          結論から書きますと、ある程度は予防できます。


          多くの胃のポリープは腺腫(癌へ移行するもの)ではなく、もっと良性のものです。たいていは顕微鏡的(病理学的)には、「胃底腺ポリープ」または「過形成ポリープ」です。これらは、癌になることは、ほとんどありません。つまり、胃癌は、いきなり癌として発生するものが多いのです(大腸癌との大きな違いです)。
          ですので、定期的な胃カメラは「胃癌の予防」という意味よりは、「胃癌の早期発見」という意味合いが強く、早期に発見すれば、最近は多くのものが内視鏡的に切除可能です。


          さて、「予防」という言葉の意味としては、”袖い鯡ち海頬匹悪∩甦発見A甦治療を含むとされています。
          「予防医学」では、病気を予防するだけでなく、より広い意味で疾病予防、障害予防、寿命の延長、身体的・精神的健康の増進を目的としています。つまり、病気を未然に防ぐだけではなく、病気の進展を遅らせ治療することも「予防」であるとされているのです。

          ですので、そういう意味では「胃癌は内視鏡で予防できる」ということになります。
          また、内視鏡検査の際にピロリ菌を含めてチェックして、除菌(菌を退治すること)することで、胃癌になる確率を低くすることができます。


          胃バリウム検査を受けている医師を知りません

          0

            今日の話題は、胃のバリウム検査(胃透視)と内視鏡検査について。
            その昔、胃カメラ(内視鏡)が普及する前は、胃の検査法というとバリウム検査(胃透視)が主流でした。現在でもバリウム検査が多くの健診やドックで利用されていますが、その理由は、医療機関自身の都合を考えてのことなのです。

            .丱螢Ε犖〆困里曚Δ医療機関にとってコストパーフォーマンスが高い
            内視鏡検査は、まず機械が高額なうえ、医師でないと検査施行できません。さらには医師以外に介助者なども必要で、内視鏡の洗浄消毒も毎回しっかり行う必要があります。
            一方、バリウム検査は、レントゲン技師1人で可能です。高額機械も洗浄消毒も必要なく、検査後に患者さんが自分で排便するだけです。

            ▲丱螢Ε犖〆困里曚Δクレームが少ない
            検査の不快度についてですが、内視鏡検査では医師の技術によります。
            内視鏡検査が不快で辛いと、その不満の矛先は内視鏡医や医療機関に向かいがちです。
            一方、バリウム検査では検査の不快・不満は検査法そのものが原因ですので、不満の矛先は医療機関には向かわない印象があります。

             

            ・・・いかがでしょうか。
            けっして健康管理や診断の道具として、あるいは患者さんにとってバリウム検査が好ましいというわけではないのです。

            事実、私は身の回りで、バリウムを飲んでいる医師を知りません。みんな、胃カメラを飲んでいます。これが全てを物語っていると思います。
            口からの胃カメラで辛い方は、最近は、鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)があります。ご検討してみてはいかがでしょうか。


            血液で大腸癌を発見できるか!?

            0

              大腸癌の発見に関する最近のニュースです。

              (以下、ニュース記事)
              三重大学の楠正人教授らの研究グループは4日までに、血液検査で大腸がんかどうかを92%の高確率で判定する手法を確立したと発表した。がん細胞が分泌する微細なマイクロRNA(リボ核酸)に着目した。がんの前段階であるポリープも高い確率で判定でき、発病前に治療することも可能になるという。米医療機関との共同研究。論文は6月に発行された米国立がん研究所の機関誌に掲載された。楠教授らは、日本人282人の血清を分析し、大腸がん患者は、大腸がんで多く発生する「miR―21」と呼ばれるマイクロRNAが健常者の約5倍に増えることを発見した。ポリープ患者でも約2倍になり、82%の確率で判定できる。0.5ミリリットルの血液があれば約3時間で判定可能という。
              大腸がんでは、便に混じった血液を調べる「便潜血検査」や腫瘍マーカーによる検査が一般的だが、発見できる確率や精度が低かった。楠教授は新たな検査方法について「臨床試験が始まれば2年程度で実用化のメドが立つ」としている。
              (以上、ニュース記事終了)

              現在よく行われている「便潜血検査」は大腸癌があれば、その60%を見つけ出せる検査です。便潜血検査を2回行うことで、大腸がんの80%以上をキャッチできることになります。逆に言えば、自分が便潜血検査を行って2回とも陰性であっても、大腸がんの確率は1/5になったにすぎません。だから、結局は大腸内視鏡検査が便潜血の結果に関わらず、完全な大腸癌予防の為には、必要なのです。

              対して、今回のニュースで書かれてある「血液検査(miR―21)」は、「大腸癌があれば、その92%を見つけ出せる」というのだから素晴らしい進歩です。この方法を2回行うと、大腸がんの99.5%以上をキャッチできることになります。これならば、もう「血液検査で大丈夫であれば、大腸内視鏡検査は必要ない」ということになるかも知れません。


              そこで問題となりうるのは以下の点です。

              ・よくあることですが、こういうニュースの類は、数字が実際よりも良く書かれてあることが多い;92%は実効?
              ・偽陽性を避けるためにカットオフ値を下げたら、キャッチ率が結構下がってしまう;92%→??%
              ・「臨床試験が始まれば2年程度で実用化のメドが立つ」と書かれているが、いつのまにか立ち消えになることが多い(=上記2項目他がクリアできない);人々の記憶からも消えます
              ・コストは?  

              今後の動向が注目です。


              大腸癌は予防可能か!?

              0

                当院では、無痛の大腸内視鏡検査を行っており、大腸癌を心配して、便潜血反応や大腸内視鏡検査を受けられる人が多く来院されます。そこで、大腸癌の発生について、少しだけ説明させていただきます。

                大腸癌のほとんどは、大腸ポリープからできます。大腸ポリープの中でも、顕微鏡で見たときに、「腺腫(adenoma)」という種類のものが最も頻度が高いのですが、この大腸の腺腫は、大きくなると、大腸癌になる頻度が高いのです。だいたいの数値で言うと、2cmを超える腺腫の約35%に癌細胞が含まれます。そして3cmを超える程にもなると、約50%が既に癌化しています。

                まだポリープの段階では大腸内視鏡で切除可能なものも多くありますので、いわゆる開腹手術や腹腔鏡手術になるとは限りません。というのは、ポリープの段階では、癌といってもほとんどが「粘膜内癌」という非常に早期の癌です。 昔のアメリカンファミリーなどのがん保険では、癌として認められていなかったくらい早期の早期であり、寿命を左右することはないので、ご安心下さい(100%治ります!)。

                ただし、内視鏡で切除した標本(ポリープ)を調べて、粘膜内癌でなかった場合は、手術的な方法を考えないといけなくなります。
                (参照)内視鏡でここまで治療できる


                私が嫌いな片付けのやり方;「ボックスインボックス」とは

                0

                  今回の記事は、医療とは関係ありません(笑)。

                  今回のクリニック移転に際しての「片付けのやり方」についてのことで、私が「ボックスインボックス」と(勝手に)呼んでいるものについてです。
                  「ボックスインボックス」とは「収納ボックスを購入して、その中に入れて片付けること」です。


                  この「ボックスインボックス」=「収納ボックスを購入して、その中に入れて片付けること」を私は嫌いです。その理由は・・・・



                  ‖秦惺渋い砲覆蠅垢る

                  「ららぽーと横浜」の中に「ららぽーと横浜クリニック」があり、その中に「各部屋」があり、その中に「戸棚」があり、その中に「収納ボックス」があり、その中に片付け物をしまいこむ・・・一体どんだけ多層構造になるねん!というツッコミを入れたくなります。
                  子供のころ、自宅に着いた贈答品で、小さなダンボールを苦労して開けたら、紙袋に包まれた箱があり、紙袋を開けて、次に箱を開けたら小分けされた小箱があり、その小箱を開けたら白い紙にくるまれた商品があり、その紙を剥いてようやく到達した商品がお酒だったことがあります・・・・少しグレました。なんでやねん!って。*当時は10歳くらいで、酒は飲めません。神戸に住んでいました。 

                  体積が逆に増えることになる
                  「ボックスインボックス」にすると、片付けたいのもが目に触れないようになったというだけで、実際の体積はなくなったわけではありません(体積は収納ボックスの分だけむしろ増加している!)
                  「逆に収納ボックス分だけ、増えてもてるやん、体積!」って、またも関西弁。ららぽーと横浜クリニックは、床面積に応じた家賃を納めて運営していますので、不要な占拠物はNGです。そんなことするくらいなら職員を増やしたほうが、みんなハッピーになれます。こう考えてくると、片付けの本質は捨てること以外にはないのかもしれません。


                  時間の概念を考慮に加えると、さらに効率悪いことがわかる
                  収納ボックスは、おそらく収納されっぱなしなので、収納体積×時間がもろにかかります。
                  私は、収納はできるだけ4次元で考えるようにしています。「体積(3次元)×時間軸」です。例えば、時間帯によって置かれるものが異なるというやり方が「収納効率が良い」と考えるのです。そういう意味でも、フルタイム置きっぱなしの収納ボックスは最低です。


                  さ奸峺える化」になってしまう
                  各作業工程や考えをみんなから見えるように掲示して業務効率を上げる方法が、トヨタ式「見える化」であると、本で読んだ気がします。その観点からすると、「ボックスインボックス」は、片付けによって「見える化」の真逆のプロセスそのものを踏むことになります。片付けられた物は、周囲の職員から見えなくなるので意識に上がらなくなるからです。みなさんも、引越の際に、前回の引越のダンボールが開けられずのままだったという経験はありませんか? 中を開けてみるとそれなりに興味を引くものだったりしたことはないですか?

                   

                  ららぽーと横浜クリニックは、各部屋の備品や薬剤や医療物品の購入については職員にお任せしています。院長があまりに細かいことまで口をだすのはNGだと思うからです。でも、今回の移転に際してだけは、「収納ボックス購入禁止令」を職員に出しました。ちょっと度量狭かったでしょうか・・・??
                  *ちなみに新たに収納ボックスを買わなくてもスッキリ収納できました。


                  便潜血反応は正確か?

                  0

                    便潜血反応(便に血がついているか調べるスクリーニング検査)は、安価で簡便に多くの人にできる検査です。しかし、その分、正確さに欠けます。進行した大腸癌があっても、「陽性」とでるのは、約6割といわれています。つまり進行癌でも4割はキャッチできないのです。

                    一 方で、「便潜血陽性」であっても、内視鏡検査をしてみると、異常のない人もたくさんいます。そこで、2回法といって、2日間にわたって便を調べる方法が一 般的となっています。大腸癌があっても「陰性」となって引っかからないのが約40%ですので、これが2回続く確率は約16% (0.4x0.4=0.16)。つまり、2回やれば、約8割で進行大腸癌を、見逃さずにキャッチできるというわけです。

                    もし便潜血反応検査で、2回中1回でも「陽性」となると、大腸内視鏡検査が必要となります(大腸癌からの出血は、出たり止まったりするので、便潜血を再度行うことは無意味です)。

                    しかし、大腸内視鏡検査を行ってみると、「便潜血2回中、1回だけ陽性」の方は、癌が無いことの方が圧倒的に多い印象です。そこで私は「便潜血2回中、1回だけ陽性」の場合の大腸内視鏡検査は、「安心の確認のための検査」です、と患者さんにお伝えしています。


                    新クリニックでも内視鏡検査・日帰り手術を行っていきます

                    0

                      ららぽーと横浜クリニックは個人の医院としては全国トップの年間11500件(胃内視鏡5500症例、大腸内視鏡6000症例)の内視鏡検査・痔の日帰り手術(年間2500件)を無事故で施行してきております。

                      オリンパスの新世代を切り開く最新鋭内視鏡システムEvis Lucera Eliteを全国初導入し、ラクチンな経鼻挿入胃内視鏡でも、これまで最高とされてきた経口ハイビジョン並の画質での検査を可能に致しました。(注:ハイビジョン最新経口内視鏡を導入している施設は全国でも5%程度しか存在しないので、多くの病院での経口内視鏡よりも当院の経鼻内視鏡のほうが高精度となります)また、大腸内視鏡においても、視野角向上、ライトガイド強化、挿入部の設計が見直された新機種導入により、よりいっそうの高精度、安全な検査を可能に致しました。
                       
                      最新鋭機種が全国初導入なのはもちろん、大型ハイビジョンモニターを3画面揃えた検査室や、お腹の張る感じがほとんど無い完全無送気軸保持直線的挿入法や内視鏡業務支援ファイリングシステムでの診断サポートなど、全国でもこの水準を誇る内視鏡施設は現時点では大学病院を含めて日本国内には存在致しません。

                      今後とも、より一層の安心/安全/高精度の検査を提供していきたいと思います。
                      どうぞ宜しくお願い申し上げます。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 検診のバリウム検査の異常所見の数々
                        大西
                      • 検診のバリウム検査の異常所見の数々
                        角田尅男
                      • 毎日が胃腸肛門外来、胃大腸内視鏡検査、痔の手術
                        ヤマウチ

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM