大腸ポリープを内視鏡で切除する方法のいろいろ

0

    大腸のポリープの多くは内視鏡で発見、即切除可能です。
    切除の対象とできるのは、良性のポリープや早期癌の中でも粘膜にとどまっているものです。

    ここでは、そのポリープ切除の方法の数々を紹介します。
    切除する方法は病変の大きさや形によって、医師が方法を選択します。


    .曠奪肇丱ぅプシー
    3mm〜7mm程度という、比較的小さなポリープに対して行います。
    ポリープを鉗子(かんし)でつまみながら高周波電流を流して焦がし切ります。

                  
    ▲好優◆爾砲茲襯櫂螢撻トミー
    茎のあるポリープに対して行います。
    ポリープの首根っこの部分を、輪の形のスネア鉗子で締めつけ、高周波電流を流して切断します。

    F盪覿静粘膜切除術(EMR:endoscopic mucosal resection)
    平坦または陥凹している、比較的大きなポリープに対して行います。
    平坦な(ひらべったい)ものや陥凹して(へこんで)いるポリープに対しては、そのままではワイヤが引っ掛かりません。
    そこで、ポリープの直下(粘膜下層)に液体を注入して(局注と呼びます)病変を浮きあがらせてから、スネア鉗子で締めつけ、高周波電流を流して切断します。注入する液体としては高張食塩水・高濃度ブドウ糖液・ヒアルロン酸などが用いられます。液体の注入は固有筋層から粘膜を引き離す効果もありますので、消化管全層が切れて穿孔すること(消化管に穴が開いてしまうこと)を防ぐ効果もあります。


    他には、めったに行われませんが、大きなポリープに対して行われる「内視鏡的粘膜剥離術」などがあります。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 検診のバリウム検査の異常所見の数々
      大西
    • 検診のバリウム検査の異常所見の数々
      角田尅男
    • 毎日が胃腸肛門外来、胃大腸内視鏡検査、痔の手術
      ヤマウチ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM