なぜ土日診療しているクリニックが少ないか:その1

0
    ららぽーと横浜クリニックは土日祝オープンのクリニックです。
    これってとても珍しいですよね。
    ・・・では、どうして医療界では病院が24時間・365日フルオープンにならないのか。せめてもの土日オープンでさえも、なぜ行われないのか。今日は医療界に身を置くの立場から考察してみます。

    では、始まり、始まり。
    以前、私が勤務医をしていた頃は、外科医たる者は毎日、週7日、朝6時から夜中0時まで普通に病院内で働いているのが普通でした(もちろん労働基準法違反なのですが、それはさておき)。その頃、私は思いました。銀行もデパートも市役所もケーキ屋も、全部夜20時くらいから夜中の2時くらいまでオープンしてくれていたほうが(その他の時間は全部クローズで良いから)よっぽど生活しやすいのに、と。極端な言い方をすれば、銀行や市役所やデパートがオープンしているのを医者になってからは見たことがない!と思ったものです。

    ・・・そうです。多忙なサラリーマンにとっては、平日9−17時にしかオープンしていないサービスは、厳しい言い方をすればこの世の中にないのとほぼ同じなのです。土日オープンや夜中オープンする事業をほぼ禁止する法案が(外国のように)あれば話は別ですが、私は日本はいつの日か、総コンビニ化するのは間違いないと、当時は思いました。ところが、現実は現在まで社会は総コンビニ化されていません。医療界でも、医療というサービスの性質上、土日や夜間も救急患者を受け入れる病院は数多くありますが、処方は1日分のみというのが普通です。
    なぜ、土日診療できないのか?私も自分が開業医になってやっと分かりました。

    ,泙此医療機器のサポート業者が土日休み
    電子カルテ、レントゲン、内視鏡をはじめ、電子医療機器それぞれの業者が土日お休みです(一般の会社ですから当然ですね)。ということは、土日診療中に医療機器の故障が起きたら、診療業務がマヒしてしまいます。
    予備の医療機器をストックしておく病院などありません(経済面でも空間的にも余裕はありません)
    そういえば、当院も2007年の開業時は医療機器が不安定でした・・・一日で故障ゼロならその日は大合格!みたいな。

    土日診療は女性スタッフを集めにくい&離職率が高くなる
    医療界のスタッフ(看護師・医療事務員)は、ほとんどが女性です。仕事の内容から考えて、女性の方が適役な場面が多いからでしょう。偏見かもしれませんが、女性は男性と比較して土日祝日や時間外の仕事を嫌う傾向にあります。給与が多少高いとしても、火中の栗を拾おうとする傾向が女性は低いのでしょう。
    もとより、一般的に医療界の女性スタッフの離職率は驚くほど高く、専門業者に聞いたところ、大体2年で看護師・医療事務が全て入れ替わるのが普通だと言います。
    土日診療は女性スタッフメンバーが固定されず、その結果、不安定な業務オペレーションに陥りやすいのです。

    さあ、ヒートアップしてきました。
    まだまだ続きますが、次回以降に。

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 検診のバリウム検査の異常所見の数々
      大西
    • 検診のバリウム検査の異常所見の数々
      角田尅男
    • 毎日が胃腸肛門外来、胃大腸内視鏡検査、痔の手術
      ヤマウチ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM